特集
【特集】先端歯科医療~歯周組織再生療法~



顎の骨が溶ける!? 歯周病とは

 歯周組織再生療法を紹介する上で、まず歯周病とは何なのかを知っておきましょう。歯周病は国民全体の8割に存在するともいわれる、ごく一般的な病気です。しかし、その多くは自覚症状がなく、病気にかかっていることに気が付いていない場合がほとんどです。歯茎から出血する、歯がしみる、歯がグラグラする、口臭が気になるといった症状がある場合、歯周病の可能性があります。

1. 歯周病の進み方

 歯周病は、磨き残した歯の根本の歯垢(プラーク)から始まります。歯垢は食べかすではなく、生きた細菌の固まりです。歯周病の進行度合は主に次の4 段階で示すことができます。

【歯周疾患の進行】
①歯肉炎
・・・歯周病の初期段階です。歯の根本や歯と歯の間に磨き残した歯垢(プラーク)があると、歯垢に接触している歯肉が腫れて出血しやすくなります。
②歯周炎(軽度)・・・腫れた歯肉には、細菌や細菌の出す毒素が入り込み、骨を溶かし始めます。
③歯周炎(中等度)・・・歯周病によって、歯の根の長さの半分まで溶けた状態を中等度の歯周炎といいます。
④歯周炎(重度)・・・歯の根の長さの半分以上溶けた状態を重度の歯周炎といいます。歯を支持する骨が少なくなると、歯はグラグラと動揺し、やがて抜け落ちてしまいます。

 歯肉炎は、小さな子どもでもみられます。通常、慢性歯周炎とも言われ、歯肉炎を放置した結果、30 代後半くらいから始まります。希に、乳歯列期など20 歳未満でも重症化する急速破壊性歯周炎などもみられます。

2. 歯周病と全身との関わり

 近年では、歯周病が全身疾患との関わりも深いといわれています。次に挙げるような点は歯周病との関連性も強いと考えられています。

・糖尿病・・・糖尿病の悪化と歯周病の悪化に関連性が強い
・心臓血管疾患・・・動脈硬化、急性心筋梗塞などの発症リスク
・妊娠・・・女性ホルモンの影響で歯肉炎が起きやすい
・早産/低出生体重児・・・歯周病によりリスクが高くなる
・誤嚥性肺炎・・・歯周病菌などの菌が、誤って気管に入り込んで起きる肺炎
・喫煙・・・血のめぐりが悪くなり、歯周病が重症化しやすくなる。歯周病治療を行っても治りが悪い傾向が強い

最新技術!歯周組織再生療法

1. 従来の歯周外科治療「切除療法」

 従来の歯周外科治療では、溶けた骨の位置で進行を止める切除療法が一般的です(図1)。この切除療法では歯のむき出す部分が多くなり、知覚過敏が起きやすい等の欠点がありますが、治療結果の予測がつきやすく、費用が比較的安いなどの利点があります。

健康な歯茎の状態。黄色のところが、歯を支える骨です。
歯周病ができて骨が溶けています。歯周ポケットの深さを測っています。
歯の表面がきれいになり、溶けた骨の高さで治癒しました。

2. 最新の歯周外科治療「歯周組織再生療法」

 従来の歯周外科治療「切除療法」とは異なり、溶けた骨を少しでも元の状態に戻すことはできないかと開発された方法が歯周組織再生療法です。この再生療法には大きく分けて、GTR法とエムドゲイン法の2 つがあります。

GTR 法
 GTR 法は歯肉が下がらないようにメンブレン注)と呼ばれる特殊な膜をはさみ、膜の下にできた空間に骨ができるのを待ちます。このGTR法は、比較的広範囲に骨が失われているところに用いられる再生療法です(図2)。
 100%元通りというわけにはいきませんが、歯根の露出も抑えられ知覚過敏も起きにくく、審美的に良好です。
注)「メンブレン」には、身体に吸収される「吸収性メンブレン」と、2 度目の手術で取り除く「非吸収性メンブレン」があります。

健康な歯茎の状態。黄色のところが、歯を支える骨です。
歯周病ができて骨が溶けています。歯周ポケットの深さを測っています。
歯の表面をきれいにして、歯肉の高さを引き上げ、メンブレンを設置した図。
メンブレンの下には、新しい骨が再生しています。

エムドゲイン法
 エムドゲイン法は、露出した歯根面にエムドゲインゲルを塗布する方法です(図3)。比較的狭く深く骨が失われているところに用いられます。ちなみに、エムドゲインゲルの主成分「エナメルマトリックスデリバティブ」は、子どもの頃、歯が生えてくる時に重要なタンパク質の一種です。

歯周病が出来て骨が溶けています。歯周ポケットの深さを測っています。
歯の表面をきれいにしています。
歯の表面処理を行います。
エムドゲインゲルを塗布します。
新しい骨が再生しています。

3. 高い専門性が求められる歯周組織再生療法

 歯周組織再生療法を行えば、100%元通りに骨が回復するというわけではありません。また、この治療は歯肉を切開・縫合する外科手術です。非常にデリケートな治療のため、治療前後の徹底した歯磨きの訓練が必須条件になります。
 歯周病治療の過程では、歯垢を落とすための専門的なブラッシング、歯垢のたまり場となる歯石除去(スケーリング/ルートプレーニング)を行い、そして歯周病の改善度を調べた上で実施する歯周外科治療です。非常に専門性の高い治療になりますので、どこの医療機関でも受けられる治療ではありません。レントゲン検査、歯周ポケットの深さを測る検査、その他治療に必要な検査、歯磨き指導などをしっかりと行っている医療機関で受診する必要があります。ちなみに、ほとんどの場合保険外の治療となります。治療費はGTR 法とエムドゲイン法のどちらでも、一般的には1ブロック注)当たり5 ~ 10 万円程度です。また、喫煙がある場合は、禁煙後の手術を推奨しています。
 従来の切除療法も含めて、どの治療方法が向いているかは病状によって異なるため、いずれにせよ、担当の歯科医師と相談の上、治療方針を決めることが大切です。
注)上下顎を各左奥歯、前歯、右奥歯の計6 ブロックに分けた場合の1ブロック。

4. 歯周組織再生療法のこれから

 歯周組織再生療法を用いて、自分自身の再生能力を引き出し、失った組織を自身の細胞で修復することができるようになってきました。歯周組織再生療法は、今後ますます進歩し、注目を浴びていくでしょう。近い将来、歯周組織再生療法は外科的な治療を最小限に抑えた確実な治療方法として、さらに歯周病治療に応用されていくと期待されています。


いまからでも遅くありません!

 歯周病は自覚症状があまりないため、放置されがちです。歯茎から血が出る、違和感がある、1年以上歯科にかかっていない等、該当する状況に当てはまる人は、すぐにでも歯周病の検査を受けてみたほうがいいでしょう。
 歯周病以外の病気全般にも言えることですが、歯周病もまた、早期発見・早期治療が大切です。その歯周病治療には、再生療法という手段もあることを知ることで治療の可能性も広がるでしょう。


【情報提供】
ホワイトプラザ歯科
院長 関山 尚克 先生
TEL:03-5316-5321
http://www.white-plaza.com/
最寄駅:小田急線 経堂駅/京王線 桜上水駅
東京都世田谷区船橋5-33-16 ホワイトプラザ千歳船橋1F