特集
母と子の歯科

 



子どもの虫歯予防のために、まずは、お母さん自身が虫歯と歯周病予防に取り組み、赤ちゃんがお腹にいるときから予防歯科に努めていく必要がある。
ちなみに、妊娠初期では、以前から存在している歯周病が放置されていると悪化しやすい環境になっている可能性が高く、しかも、食習慣や嗜好の変化が加わりやすい。また、つわりで嘔吐が繰り返されると口腔内のpH 注)が低下し、虫歯発症のリスクが増大する恐れがある。健康な歯とともに成長していく我が子のためにも、母と子の口腔管理について考えてみよう。

注)pH:物質の酸性、アルカリ性の度合いを示す数値。
      値が低いほど酸性が強く、高いほどアルカリ性が強いとされる。

女性と歯科

 お母さん、つまり女性には男性とは異なった遺伝的背景やホルモンの違いがある。たとえば、ホルモンのバランスがくずれ、妊娠中に歯茎が腫れたといった経験をした人も多いのではないでしょうか。

 妊娠中期ともなれば、女性にとって歯科治療のほとんどが可能となるが、麻酔の注射、レントゲン、抜歯などの処置が必要な場合は、歯科医とよく相談したほうがいいだろう。二子玉川エンジェル歯科(世田谷区玉川)では、「妊娠中は極力、暫定処置に止め、出産後に治療再開する様に心がけています。女性には男性とは違った特有な口腔症状が発現しますので、それを十分に認識して歯科治療をお受けいただきたいと思います」と語る。

 女性には「、思春期」「妊娠・出産」「子育て」「更年期」といったいくつかの節目となる時期があり、このような時期には、女性自身の身体に大きな変化が現れやすく、歯周組織や口腔粘膜に特有の症状がみられる場合も多い。とくに「妊娠・出産」は、もっとも重要な生理的・心理的影響をもたらす時期といわれている。つまり、妊婦の口腔への影響と胎児に対する配慮を認識する必要があり、近年では、歯周病の存在が早産や低体重出産のリスクを高めるという報告もある。

 妊娠期の歯肉炎はごく普通にみられ、約30~70%の妊婦にみられるという報告もある。その特徴は歯肉辺縁部の紅斑、歯肉の増殖性変化、易出血性で、人により軽度の炎症から重度の歯肉増殖、疼痛(知覚過敏)、出血を伴うものまで様々。これは妊娠時の免疫適応の変化が歯周組織に過剰な応答をもたらすためだと考えられている。また、妊娠期にしばしばみられる病変として、妊娠性エプーリス、妊娠腫、化膿性肉芽腫があり、妊娠2~3ヶ月に発症することが多い。歯肉部に頻繁に発症(約70%)し、他には、舌、口唇、頬粘膜、口蓋にもみられる。

歯周病は早産と低体重児出産の危険因子!?

 妊婦が喫煙していたり、多量のアルコールを摂取していたり、何らかの感染症にかかっていると、未熟児や低体重児出産の可能性が高くなることは知られている。それに加えて、歯周病も早産や低体重児出産の危険因子として注目されている。妊娠した女性が歯周病罹患していると、早産児や低体重児を出産する確率は7倍も高くなるという報告があり、その理由はまだ解明されていないが、歯周病は感染症の1つであり、すべての感染症は胎児の健康への危険因子となっていることだけは確かなようだ。実際に、進行性歯周炎に関連する4種の細菌は、早産・低体重児を出産した母親の口腔内では、高い割合で検出されている。

赤ちゃんの歯ができる時期と生え方

 赤ちゃんの歯が形成されるのは、妊娠4カ月半を経過したあたりからになる。そして、最初に生える永久歯も、すでにでき始めている。乳歯はまず下顎の真ん中に生後7~9ヶ月頃から2本生え始める。離れたり曲がったりして生えてくることもあるが、とくに心配はない場合が多い。もし、1歳3ヶ月頃になってもまだ歯が生えてこないようなら、歯科医院に相談しよう。

 下顎の真ん中に続いて、上の真ん中の2本が次に生えてきて、最後に上の奥歯(第2乳臼歯)が2歳半頃生えてくるのが一般的。3歳頃には上下20本の乳歯が揃うが、個人差がある。そこで、多少、乳歯が生え揃うのが遅くても問題ないが、3歳児の歯科検診のときなどに相談してみるといいだろう。

哺乳と離乳

1. 上手に母乳を飲める?

 赤ちゃんは母乳を吸うことでお母さんとの強い絆をつくり、食事以外にも情緒の発達にとって大切な意味をもっている。母乳を吸うことにより舌、唇、頬、顎の運動機能と形態の発達をさせる。哺乳ビンを使用するときは、乳首が吸い穴の大きいものや流量の多いものは避け、月齢や飲む力に応じた大きさの乳首に変えていきたい。

■上手に母乳を飲めない主な要因
・未熟児のため機能が未発達。
・舌小帯(舌の裏側のすじ)が短く、舌の運動が機能的でない。
・お母さんの飲ませ方が上手ではない。
・お母さんの乳首がへこんでいるなど、吸い付きにくい形を
 している。
 
 たとえば、舌小帯が短く、舌の運動が機能的でないケースでは、舌小帯切除といった対処も必要になる場合があるので、歯科医院に診断してもらう必要がある。

2. 赤ちゃんの味覚形成

 味覚の基礎は離乳期に形成される。離乳期からの食生活により、食べ物の好き嫌いに大きな影響を与えるといわれている。そこで、できるだけ多くの種類の味、食物を体験させて、薄味で育てることが望ましい。くれぐれも甘党にはさせないよう注意したい。

3. 離乳の目的と開始時期

 食べさせるときには味付けを薄味にし、赤ちゃんの口の中に食べ物を入れるのではなく、自分自身の唇で摂らせることが大切である。離乳の進め方は食品の種類とは関係なく、調理形態で決めて差し支えはない。つまり、「ドロドロ食→舌でつぶせる程度→歯ぐきでつぶせる程度」といった具合に調理形態を進めていくのが理想的。

 食品はバラエティーに富んだ選択をして、離乳開始の頃は米、ジャガイモなどのでんぷん質性食品を主とし、その後、豆類、卵、魚、肉などの蛋白食品を配慮して調理するようにしたい。離乳食の後のミルクは次第に減らしていき、いずれは止めていくようにする。断乳は1歳を目安にして、遅くとも1歳6ヶ月までには完了させるのが望ましい。

4. 離乳の進め方と断乳時期

 離乳の開始は生後5ヶ月頃が目安となるが、離乳の目的は栄養の補給だけでなく、赤ちゃんにとっては、食べ物にはいろいろな形があり、いろいろな味があることを学習し、それぞれを食べ合わせる能力を徐々に身に付けるという意味がある。また、味覚トレーニングの時期でもある。つまり、食べるための練習期としても大切な時期になる。

乳幼児の歯科治療

1. 歯科医院のかかり方

 1歳6ヶ月児検診をきっかけに、定期検診やフッ素塗布を始めるのが一般的。この時期から食事指導を受け、虫歯、歯肉炎、歯並びなどの歯科的問題点を観察してもらいながら、定期的に歯磨きや予防処置をかかりつけの歯科医院で始めるのが望ましい。検診時には、赤ちゃんが汗をかいたり、嘔吐してしまったり、お漏らしをしてしまうこともあるので、着替えも用意しておきたい。

■検診時に持っていくもの
・保険証
・母子手帳
・乳幼児医療費受給者証
・歯ブラシ(いつも使っているもの)
・お気に入りのオモチャやハンドタオル
・着替え(汗をかいたり、お漏らをした時のために)

2. 治療時の母子分離

 3歳を過ぎたら治療室に入るのは子どもだけとしている歯科医院は多い。この頃から少しずつ環境に適応できる能力が身に付いてくるため、自立する体験学習には絶好のチャンスだろう。二子玉川エンジェル歯科では、3歳未満まで、母親もそばにいながら診療を行っている。待合室と治療室も区切りのないオープンスペースで、母子がお互いの顔が見える状態にしており、声も掛けやすく、親子とスタッフ双方が緊張感を感じない環境づくりを行っている。

乳幼児~学童期までの口腔管理

[乳児期]
 赤ちゃんが初めて食べる離乳食は、母乳以外にいろいろな食べ物や飲み物があることや生活にリズムをつけること、そして何よりも、食事を楽しむことを覚える大切な時期となる。食べる道具は、まだスプーンやフォークではなく「手づかみ」。二子玉川エンジェル歯科の院長 戸澤昭彦先生によると、手づかみにより物の温度、固さの感触を知り、それに合わせて物を握る力加減を覚えていくという。また、口に運んで前歯でどのぐらいの量を噛み取れるか、自分で食べられる量や大きさを学習する。さらに、唇の捕食力の強化にも手づかみは役立つという。つまり、手づかみで周りを汚されるのを親が嫌うことは、赤ちゃんの食べることへの学習を阻むことにもなりかねないということを留意しておきたい。

[幼児期]
 友達とみんなで食べる楽しさを覚える時期。しっかりと食のマナーを身に付けることも重要な食育過程となる。また、呼吸・咀嚼・発音・飲み込みなどの「口腔機能」の発達・習得はこの時期がきわめて重要な時期になる。

[学童期]
 よく噛んで食べること、つまり咀嚼することは歯だけの問題ではない。食育といった観点からも考えていく必要がある。そして、顎・頬・唇・舌の正しい動きを習得させ、「何でも食べられる口」とコミュニケーションをとるための「上手に喋れる口」、そして、感情表現のための「美しい表情ができる口」に育てるための重要な時期になる。また、よく噛むことによって、より味わいが深くなり、虫歯予防にもなることを体験学習させてあげたい。


【情報提供】
二子玉川エンジェル歯科
TEL:
03-3700-8241
http://www.dentalshuttle.com/
最寄駅:東急田園都市線/大井町線 二子玉川駅
東京都世田谷区玉川4-8-4 深志ビル2F