歯科医院インタビュー
【世田谷通りデンタルケア】院長 尾崎 元樹 先生

親族が歯科一家という中で育ち、ご自身も勤務医時代から訪問診療をはじめとする豊富な経験を積むことで、総合的な歯科に関する見識を兼ね備えた世田谷通りデンタルケア院長の尾崎元樹先生。その経験と実績を生かして、地域のニーズに応えるべく日々進化を遂げる同院の取り組みについて伺った。

貴医院の特徴であるチーム医療について教えてください。

 当院では、インプラント、小児歯科、根管(神経)治療、矯正、一般歯科の各分野において、専門医が在籍しています。各専門のドクターが1人の患者様の症状について連携をとることで高いレベルの診療を、どの診療科目でも行うことができるようになります。また、歯科衛生士についても、日本歯科審美学会のホワイトニングコーディネーターの資格をもったスタッフが対応しています。
 
診療以外にもセミナーなど、いろいろ企画されているようですね。

主に2本立てなのですが、まず1つ目が、インプラントについての正しい知識を地域で普及するために無料セミナーを年に2~3回程度開催しています。当院で治療するしないに関わりなく、インプラント情報を発信するのがインプラントセンターとしての役割だと考えています。つまり、インプラント治療の良い部分だけではないところも含めて、正しい情報を提供することが必要だと思っています。人によって、インプラント治療が適合する方と、しない方がいらっしゃいます。その方に合ったインプラント治療のあり方を見極めていただきたいと考えています。普段、なかなか歯科医院で聞くことのできないことについて、質疑応答をしたり、実際の症例を見ていただいたりして、インプラント治療はこういう風に仕上がっていく、こういう過程を踏んでいくということを知っていただきます。インターネットでも、インプラント治療のことはいろいろと出ていますが、術前・術後の経過がほとんどで、その途中経過を正しく知ることはなかなか難しいと思います。そういった情報不足による不安を払拭し、インプラント治療のメリットとリスクを両面から正しくお伝えする場にしています。

 もうひとつは、小児向けのセミナーです。当院のスタッフであったり、院内の様子であったり、まずは雰囲気に馴染んでいただき、歯科医院に足を運んでいただくきっかけの場として開催しています。お母様向けのセミナーを開催する場合もありますし、純粋に親子で楽しめるようなイベントを企画することもあります。たとえば、夏祭りのように金魚すくいやヨーヨーすくいをはじめ、ゲーム大会などを行い、それに、虫歯がないかどうかなど歯科検診をプラスして楽しみながら来院できるように、お子様の歯科医院への入口として、そういったイベントを企画しています。

貴医院での小児歯科診療の特徴を教えてください。

当院では、小児歯科に対するポリシーとして、無理強いをせず、怖いと思われがちな歯科医院のイメージを払拭して、日常の歯のケアをする場所であるという認識をしてもらうという基本姿勢があります。キッズコーナーや小児専用ユニットを設けて、周囲にはリラックスできるようなおもちゃやアニメをご用意して、お子様の歯科診療をスムーズに始められるような体制と、小児歯科の専門医による診療体制をとっています。小児歯科の性質だとか、気質を理解した専門の資格を取ったドクターが治療に当たらせていただくことで、治療だけではなく、プラスアルファとなるお子様とのコミュニケーションの部分も含めて対応できるようにしています。

当院の場合、お子様と親御さんを診療室と待合室で区切ることはありません。一緒に診療室に親御さんにも入っていただき、診療中は常に進行具合、お子様の状態を見ていただきながら、その場で説明しながら診療を進めます。親御さんには、むしろお子様の診療に積極的に参加をしていただくという形をとっています。こうすることで、ご家庭でも、より一層、日常の歯磨きやケアなどにも意識をもって取り組んでいただけると考えるからです。そこで、診療台の横に親御さん用にイスをご用意して、常に今、何が行われているのかということをオープンにしています。

貴医院の訪問歯科診療について教えてください。

僕の場合、歯科医になった1年目から環境にも恵まれていたと思いますが、以前、勤務医として勤めていた歯科医院が歯科往診に力を入れていたこともありまして、ケアマネージャーの資格も早い段階で取得しました。新人だった当時は休日返上のときも多々ありましたが(笑)、歯科往診の経験をたくさん積ませてもらいましたし、後に往診部長という立場でも携わりました。現在、当院では一般的な口腔ケア以外にもインプラントのケアも行うことができる往診用ユニットを備えています。介護保険でも歯科医療は受けられますし、もっと気軽に歯科往診を受けていただきたいと考えています。

歯科往診には、診療室とは違った患者さんとの距離感があります。つまり、往診はただ歯科医が出向いていって歯科診療を行うという単純なものではありません。患者様のご家
族ともしっかりとコミュニケーションをとり、ご協力いただき信頼していただけなければ、どんなに歯科医の腕が良くても診療で口を開けていただけません。また、患者様に来院していただくというのは、いわゆる歯科医のホームグラウンドへ足を運んでいただくということになります。それは、患者様にとって、緊張もするでしょうし、リラックスすることが難しい場合も多いと思います。一方で、往診の場合には、患者様のホームグラウンドであるご自宅へお伺いするわけですから、リラックスした形で、かつ、ご家族も立ち会っていただけるので、どういった診療が行われているのかがよりオープンになります。

歯科往診については、僕のライフワークでもありますし、介護の必要な方や障害のある方も安心して歯科診療を受けられるように、今後も万全の体制を整えていきたいと思います。

地域に密着した診療をするための取り組みを教えてください。

当院はもともとインプラントセンターとして、インプラント中心に歯科診療をスタートしましたが、世田谷区という地域性やニーズを拾ったり、築いたりすることによって、病院を変化させていくことが必要だと感じました。
 
当院の患者様の年代を分析すると、小児の割合は他の地域と比べても高いことがわかりました。たとえば、分院の「女子大前歯科」(神奈川県相模大野市)では、中高年層の患者様の割合が比較的高く、インプラント、義歯、ブリッジなど、補う治療がメインになっています。一方で、当院の場合はケアという部分、いわゆる歯を守る、健康に保つということへの意識が高いという地域性があります。実際に検診だけで来院される方が当院では3割ほどいらっしゃいますが、この割合は、ほかの地域ではちょっと考えられないくらい高い割合だと思いますし、それだけ歯への意識が非常に高いことを物語っています。

小児歯科に関していうと、大人のようにスムーズに診療を進めることが難しい場合があるなど、いろいろな要因があると思いますが、積極的に小児を受け入れている歯科医院は決して多くないという現状があります。それならば、当院では小児を全面的に受け入れて、かつ、小児専門の歯科医を置いて万全な体制で臨むべきだと考えました。こういった考え方になったのも、世田谷区の地域性を考えた結果です。そういう意味でも、病院をニーズに合わせて変化させていくことの重要性を感じています。

どのような歯科医院にしていきたいですか?

歯科医として、それなりのキャリアを積んでくると、自分の中でうまくいった形の中に収めようとしてしまいがちですが、それだと、この地域の患者様の満足感に応えきれないということも経験しました。歯科への意識を高くお持ちの方も多いですから、自分自身も修正したり、リセットしたり、ブラッシュアップしていかないといけないと思わせてくれる地域だと思います。逆に、進化をし続けることで、ニーズにしっかりと応えて診療の精度をこれからも高めていきたいと思っています。

歯科医院のひとつの形をつくっていくまでの過程で、診療スタンスをあらかじめ決めて、患者様を選択するというやり方もあると思いますが、当院の場合は、ドクターが何名もおりますし、各ドクターが同じことをするのではなく、それぞれが専門性をもって、その専門性を共有したり、融通したりすることによって、一般的な診療水準の向上も図れます。当院の専門医に関しては、博士号を取得していることを条件にしておりますので、各分野の専門診療を高いレベルで、かつ総合的に行える体制を整えています。

歯科医院を選ぶ際に、症状や専門性に合わせて探していくと、年代や家族によって、別々の病院に行かなければならなくなってしまう傾向が強くなります。そこで、当院では、専門医を揃えたチーム医療を行うことで、一家でオールインワンの診療を、しかも高いレベルで安心して受けられるという「歯科総合病院」でありたいと思っています。

【歯科医院データ】
院長 尾崎 元樹(おざき・もとき)
東京歯科大学卒業。大型歯科医院での勤務医を経て、世田谷通りデンタルケアを開設。訪問歯科診療をはじめ、各分野の専門医が在籍する歯科総合病院として地域に貢献している。国際インプラント学会認定医、介護支援専門員(ケアマネージャー)など多数の資格を取得。分院は女子大前歯科(神奈川県相模大野市)。
 
【行き方】
・小田急線 祖師ヶ谷大蔵駅下車 徒歩15分
・小田急線 成城学園前駅よりバス 砧 町下車 バス停目の前
・東急田園都市線 用賀駅よりバス 砧 町下車  バス停目の前
【住所】東京都世田谷区砧1-3-10 砧ダーツビル2F
※タイムズ提携駐車場あり
【TEL】0120-648-706
【診療科目】一般・インプラント・矯正・ホワイトニング・審美歯科・入れ歯治療・口腔 外科・小児・根管治療ほか