歯科医院インタビュー
ふくだ歯科クリニック 院長 福田俊裕 先生

 

 
■歯科医になったきっかけを教えてください。

両親が歯科医だったので、その背中を見て、医療の分野で役に立ちたいという気持ちが小さな頃からずっとありました。実際に、本格的な歯学の勉強を始めるまでは、歯と命がそんなに直接的に関わるということがイメージしにくかったのですが、大学病院の口腔外科で勤務していたときに、末期がんの患者様と接することもあり、口の中というのが場合によっては命に関わってくることもあるということを痛切に感じました。そこで、今、こうして患者様の治療に当たっているわけですが、歯だけではなく、患者様ご自身の健康そのものに通じているということを常に意識しています。

■用賀で開業された理由を教えてください。
私自身、地元が用賀ということもあり、用賀の方々との関わりを大事にしていきたいという思いがありましたので、ここに開業しました。

■貴医院の特徴を教えてください。
基本的には予防歯科を中心に様々な治療を行っています。歯科医院に行くきっかけというのは、何か症状が出てからという方も多いと思うのですが、予防のために行くことが習慣となれば、健やかな口内環境の維持向上がさらに図れると考えています。

歯科医院には、虫歯になったときにしか行かないという方でも、健康な歯でいたいという思いは持っていらっしゃると思います。しかし毎日、歯磨きをきちんとしても、こうしたホームケアだけではどうしても完全ではありません。専門家による歯面清掃、いわゆるプロフェッショナルケアと合わせた両方のケアが、健康な歯を維持するために重要になります。

当院では、虫歯予防をはじめ、歯を白くするホワイトニングなど、患者様1人ひとりに合わせた最善のコースをご提案しています。PMTCといって、毎日の歯磨きだけでは落ちない歯の汚れを専用機器によって、きれいにクリーニングする方法があるのですが、定期的に行うことによって、虫歯や歯周病になりにくくなります。さらに、初回の方は無料で歯肉マッサージや唾液腺マッサージもコースに含まれています。PMTC が終わった後は爽快感が生まれて、とてもすっきりしますし、健康状態の維持にも効果的です。リピーターも多い人気のコースです。

それから、毎月1 回、大学病院から矯正の専門医をお招きして無料の歯並び相談会を行っています。現代人は顎が小さくなってきているため、歯並びがガタガタに生えてくるお子様も多く、お子様の歯並びを心配されている親御さんも多いのが現状です。お子様の歯並びの状態が、将来、矯正治療が必要なのか、もう少し様子を見たほうがいいのかといった今後の治療方針も
含めて相談に乗っています。

歯並びが悪いと、見た目だけではなく、歯垢が溜まりやすくなるため、虫歯や歯周病になりやすい状態になります。結果的に、お口のケアが難しくなってしまいます。

ご相談いただいた結果、患者様が矯正治療をご希望される場合には、有料の精密検査(21,000 円)が必要になりますので、詳細は当院にお問い合わせください。

■貴医院の設備について教えてください。
患者様が心身ともにリラックスしながら、通院いただけるように院内の至るところに工夫を凝らしています。そのひとつがケアルームです。ここでは、治療以外の歯石除去、PMTCなどのクリーニングや、歯を漂白して白くするホワイトニングを行っていただく場所になっています。ケアルームは待合室から直接入れるようになっていまして、長時間いても居心地がいいように設計されています。


内装は「土・風・光」をテーマに自然素材でアレンジし、診療室も快適な環境でご利用いただけます。プライバシーにも配慮して、診療室は半個室にしていますので、安心して治療を受けていただけると思います。

また、治療では、口腔内カメラを使うことによって、虫歯や歯石の箇所など、普段は自分で見えないところまで、しっかり確認していただくことができます。問題点のある箇所を撮影した後、診療チェア横に設置された液晶画面をご覧いただきながら、現在の状況を説明いたします。ご希望の方には、プリントアウトしたものをご用意して、治療前と治療後の違いを比較することで、より理解していただけるようにしています。

麻酔の際には電動注射器を使っています。コンピュータ制御により理想的な麻酔薬の注入スピードを実現した注射器です。注射が痛いのは、注射をするときにかかる圧力で痛みを感じますので、電動注射器を使うことによって、コンピュータ管理された機械の圧力で麻酔液を注入することにより、ゆっくりと痛みが感じにくいよう麻酔が注入できます。また、痛みの感じやすい部位には細い針を使用するため、刺したときの痛みが非常に抑えられているのも特長です。注入速度も数段階に変えることができますから、患者様の状況や注射部位によって、もっとも痛みの少ない速度で一定に注入できます。

そして、デジタルレントゲンも導入しています。鮮明な画像が得られるレントゲン撮影法で、0.01 ミリシーベルト以下という少ない被ばく量で済みますし、防護エプロンもしますので、妊娠中の方でも安全に撮影できます。現像の手間も必要ないので、診療時間の短縮にもつながります。

■最近の患者さんの傾向を教えてください。
気候の変化が激しいと、歯がうずくといった悩みをもった患者様が多くなるような気がします。たとえば、雨の季節などには歯がうずいたり、歯茎が炎症を起こすといった症状をお持ちの方も多くなります。温暖差があると体調も崩しやすいですし、歯に悪影響も及ぼしやすい状況になります。

暑いときには、冷たいものを飲むことが多いためか、知覚過敏で来院される患者様も多いですね。知覚過敏の場合、しみ止めを塗ったり、歯の根元がかなり削れてしまっている場合には、プラスチックを充填してカバーするという処置を行います。

そもそも知覚過敏は、噛む力に起因するところが大きいです。歯を食いしばったり、歯軋りなどで歯がどんどん削れていき、神経に近づいてしまうためにしみるわけです。さらには、年齢的なものであったり、歯ブラシを強く当てすぎることが原因となって、歯茎が痩せてきてしまっている状態も影響します。

歯の表面はエナメル質で覆われていますが、歯の根元の部分は、セメント質や象牙質といったエナメル質とは違う組織なので、それらが削れてきてしまうという状態です。一度、歯が削れてしまったり、歯茎が痩せてしまうと自然に戻るわけではないですし、カバーしたプラスチックも歯と同様に削れていきますので、定期的にチェックされることをお勧めいたします。

■自分でできるケアを教えてください。
基本はちゃんと歯磨きをすることですが、フロスもしていただきたいですね。それから、超音波歯ブラシをお勧めしています。当院でも、患者さんの歯茎の状態に合わせた超音波歯ブラシを何種類か揃えていますので、最適なものを使っていただくことができると思います。

超音波歯ブラシは、歯茎のポケットといわれる部分に溜まった汚れを超音波の振動で取り除くことができます。歯ブラシの場合、毛先が触っているところしか汚れが取れませんが、超音波歯ブラシの場合は、毛先が届かないところも超音波によって洗浄してくれるので、バイオフィルムといって細菌の膜みたいなものまで、きれいに洗浄することができます。時間も短縮できて、効率よくきれいに磨くことができます。

また、自然食品などにこだわっている方も多いと思いますが、歯磨き粉に入っている成分にも、天然成分を使った歯磨き粉を用意しています。合成保存料、着色料、香料を一切使っていない有機栽培や野生の植物など、天然成分だけでできた歯磨き粉です。お子様用のものもあります。フッ素用ジェルでも、お子様が使いやすいフレーバー(味付き)のものを置いています。また、うがい用のフッ素もありますので、予防ケアの一環としてお勧めです。

■今後はどのような歯科医院にしていきたいですか?
やはり予防歯科について、もっと力を入れていきたいと思っています。そして、今でもそうですが、患者様のニーズに合った治療の進め方を追求することも大切です。たとえば、歯を失った患者様に対しては、様々な条件が整えばインプラント治療がベストです。しかし、全身疾患があり、外科手術を行うことが難しい方や、インプラント自体が難しいケースで、それ以外の治療法を求められた場合、違う治療法を考える必要があります。そこで、一方的な治療の進め方をするのではなく、患者様の意向をしっかりと踏まえるようにしています。入れ歯の場合も、金属のバネが見えないタイプもありますので、いろいろな治療法を提案していきたいと思っています。

【歯科医院データ】

院 長 
福田俊裕(ふくだ・としひろ)
大学卒業後、東京厚生年金病院にて研修医として在籍。国立の大学病院にて口腔外科に勤務。その後、某歯科医院にて勤務医を経て、2008 年、世田谷・用賀にて開業し、現在に至る。丁寧で最善の治療をすることをモットーに、ホームドクター的な存在として、地域に根ざした歯の健康をサポートするべく尽力している。趣味はラグビー。

ふくだ歯科クリニック
【最寄駅】東急田園都市線 用賀駅 徒歩3分
【住所】東京都世田谷区用賀4-9-22
アラリアコート1F
【TEL】03-6379-2525
【URL】
http://www.fukuda-dent.jp/
【診療科目】一般・小児・矯正・口腔外科・審美・予防